責任施工制度

「住宅品質確保促進法」に象徴されるように、住宅の品質がより厳しく問われる時代となりました。私たち建築板金業界では、既に昭和59年という早い段階から、品質基準をつくり、屋根の施工に関して「責任施行制度」を実施。屋根の品質を保証しております。

詳しくは、右のステッカーの貼ってある組合加盟店にお尋ねください。

責任施行制度とは?

屋根や外壁に使える素材を標準化しました。

「住宅品質確保法」で、義務づけられている防水(雨漏り防止)保証10年に対応できる耐久性を持ち、全国の地域固有の気象条件や環境の特殊性に応じて、品質を長く保つことのできる素材の選定標準を設定しています。

使用素材と施工する地域に適した工法を標準化しました。

鋼鈑、銅板、ステンレス鋼鈑、アルミ板、チタン板、窯業系板などの使用素材別に、また、積雪地帯や多雨地帯、強風地帯などの施工地別に工法の採用標準を設定しています。これは、金属板を扱ってきた長い伝統と、各地区に密着して対応してきた専門的なノウハウの、集大成といえます。

技能者の施工能力を標準化しました。

職業能力開発促進法に基づく職業訓練の実施と、一・二級技能検定などとの連携により、業界全体として資格検定を行い、屋根及び外壁の専門家として重要な雨仕舞い(雨水処理)の機能づくりの能力や、美観・景観づくりを行う技能にばらつきがないように、施工能力を平準化しています。

お客様のご要望にお応えし、提案できる技術者の能力を標準化しました。

屋根及び外壁の専門家として、お客様のご要望を正確に理解し、それが工事に反映されるように現場で指示できる能力と、現場の技能者として、より良い施工法などを、直接お客様に提案ができる能力を兼ね備えた登録基幹技能者や、二級施工管理技士を育成し配置しています。

万一、瑕疵ミスにより損害が発生した場合は、(賠償保険)で対応しています。

施工した後の工事で屋根や外壁に、施工上のミスで欠陥や雨漏りなどにより損害が発生した場合、修理する(生産物保険)。