組合について

組合概要

組合の沿革

私たち建築板金業者は、従前より「鳥取県板金協同組合」を組織し活動を進めていました。
社会への認知度、信頼の向上を目指し経済的な地位向上を目的に県内全域の建築板金業者の結束を軸に、業界全体の経営基盤の強化を促進するため、平成6年に「鳥取県板金工業組合」へと組織変更を行いました。
県下の建築板金業界の技能・技術のレベルアップと標準化を目指し現在に至っています。

組合概要

名称鳥取県板金工業組合
所在地〒680-0915
鳥取県鳥取市緑ヶ丘3丁目14番5号
TEL0857-23-7988
FAX0857-21-6171
代表者理事長 山根 実
設立年月日組織変更登記(平成6年11月8日)

アクセス

主な事業

1.指導及び教育事業者

講習会、講演会、研修会の開催により次の指導及び教育事業を行う。

  1. 短期訓練校の開催
  2. 技能向上研修の実施
  3. 登録建築板金基幹技能者研修の開催
  4. IT研修の開催
  5. 工事作業安全のための指導の実施
  6. 組合員の委託による建設業許可にともなう鳥取県知事登録の取得の指導及び鳥取県建設業経営事項審査及び入札参加資格審査等に係る情報提供
    ・組合員の指名入札参加資格の参加要請
  7. 全日本板金工業組合連合会全国大会への参加
  8. 鳥取県技能振興フェアに参加
  9. 専門工事業安全管理活動として安全大会を開催し労働災害防止活動に参加
  10. 労働災害安全衛生法に基づく各種特別教育訓練に参加する。

2.情報又は、資料の収集及び、提供に関する事業

組合員の営業上知識の向上を図るため、次の情報又は資材を収集し、ぞのつど月刊誌を組合員に提供する。

  1. 各県板、メーカー資料を活用し、市場情報、技術に関する情報提供をする。
  2. 全日本板金工業組合連合会新聞を活用し、市場情報、経営・技術に関する情報及び労務に関する情報等の提供をする。
  3. ホームページの更新をし社会にPRする。
  4. ネットワークによる情報提供
  5. 組合員に組合事業の理解を深め促進するため事業説明会を開催する。

3.調査研究事業

業界の改善発達、組合員事業の合理化等に資するため次の調査研究を行う。

  • 業界の改善発達のため組合員の課題を整理するための調査を行う。

4.共同経済事業

  1. 共同購買に関する事業
    本事業は組合員の経営コストの低減を図るため組合員の必要とする資材を組合員に斡旋する。
  2. 共同受注斡旋に関する事業
    本事業は組合員に受注斡する。
  3. 太陽光発電システムの受注をする。

5.共済制度に関する代理業務の事務代行

  1. 西日本自動車共済の代理業務を行い加入促進のためカレンダーを作成し配布する。
  2. 全板連福祉補償制度の事務業務を行う。

6.労働保険事務組合に関する事業

この事業は、労働保険の保険料の徴収等に関する法律第4章の規定により行う。

  1. 労働保険事務組合としての業務を行う。
  2. 労働保険適用促進業務、雇用保険活用援助の業務の推進を図る。

7.責任施工保証制度事業

責任施工保証事業
この事業は組合員が施工した屋根工事について責任施工の証として、保証書を発行する。

  1. 住宅品質確保促進に関する法律により建築板金業界の責任施工制度を積極的に展開し行政等建設業界、ハウスメーカー、建設業者関係に技術の証と信頼を確保し経営の安定を図る。
  2. 検査資格の研修会を開催する。

8.全板国保に関する事業

この事業は組合員の福利厚生に関する次の事業を行う。

  1. 全国板金業国民健康保険組合の事務業務を行う。
  2. 全国板金業国民健康保険組合の加入促進をする。
  3. 組合員の健康維持のための健康診断の実施
  4. 組合員の為にする健康増進スポーツ大会の実施
  5. 組合員のためにする健康管理の研修会を開催